働いている企業が将来も生き残っていける力を持っているのか見極めよう

会社の倒産

私が最初に勤務していた会社は倒産しました。

経営者の人柄は良くて、悪い会社ではありません。

出来る社員も取り立てていた、それなのに・・・。

倒産した理由

  • 自社商品なかった
  • 仕事の受注は90%を大手1社に頼っていた
  • 社員を平等に扱っていなかった

自社商品がなかった

ひとつには自社商品がなかった事が理由に挙げられます。

その分野では高い技術を持っていたので、致命的ではなかったかもしれませんが。

仕事の受注は90%を大手1社に頼っていた

これは大きな要因だったと思います。

取引先は数社あったのですが、大手1社以外は売り上げが少なすぎました。

その1社の動向に当然大きな影響を受けてしまいました。

社員を平等に扱っていなかった

もうひとつは優秀な社員以上に、縁故のある社員を大事にしたことでした。

取引先の家族、恩人、知人の子息などを不似合いな地位に就けました。

当然見所のある社員は意欲を無くして辞めていきますよね。

私も残念ながら縁故があって入社した1人でした。

根性で出来る仕事はしっかりやったつもりでいました。

でも難しい交渉や、決断をする仕事からは逃げていました。

普通はそんな社員は降格されたり、部署替えされたりするものですが許されたのです。

自分がいてもいなくても倒産

逃げながらも、危機感を感じました。

このままでは、自分にとっても会社にとっても将来のためには良くない。

自分がこの会社をダメにしてしまいそうな、そんな危機感まで覚えました。

会社が倒産したのは私が転職してから数年後でした。

どんな企業が生き延びていけるのか、これからの時代は不透明です。

危機感を持たなくなるのは怖いですね。

現実になってしまうと余計そう感じます。

勤務先の方針に危機感を感じたら、

  • 正しい方向に向かうよう進言していく
  • 別の企業に活路を見いだす

どう行動するかは、あなたの決断次第ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする